CentOS 8 Redmine

CentOS8でRedmineをインストールする手順を解説

事前準備

  • /etc/yum.conf
  • /~/.bash_profile

まずはこの二つのファイルを編集しておきます。
Proxyサーバを使用している環境だと、
この先の手順で失敗するので先に設定しておきましょう。
Proxyサーバを使ってない場合は、ここの設定は不要です。

[main]
gpgcheck=1
installonly_limit=3
clean_requirements_on_remove=True
best=True
proxy=http://192.168.XXX.XXX:8080  # プロキシサーバがある場合はこの行を追加
# 最後の行に以下を追加
export http_proxy=http://192.168.XXX.XXX:8080
export https_proxy=http://192.168.XXX.XXX:8080
# source ~/.bash_profile

sourceコマンドで環境変数を読み込んでおきます。

必要ソフトウェアのインストール

# dnf -y update
# dnf -y groupinstall "Development Tools"
# dnf -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libffi-devel subversion
# dnf -y install postgresql-server postgresql-devel
# dnf -y install httpd httpd-devel

dnfコマンドで必要なパッケージをインストールしてゆきます。

Rubyをインストール

# cd /opt/
# wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.5.tar.gz
# tar zxvf ruby-2.6.5.tar.gz
# cd ruby-2.6.5/
# ./configure --disable-install-doc
# make
# make install
# cd ..
# ruby -v
ruby 2.6.5p114 (2019-10-01 revision 67812) [x86_64-linux]

Rubyは公式サイトからパッケージをダウンロードしてきて、
ソースコードからビルドします。

bundlerをインストール

# gem install bundler -p http://192.168.1.80:8080 --no-doc
Fetching bundler-2.1.4.gem
Successfully installed bundler-2.1.4
1 gem installed

PostgreSQLの初期化

# postgresql-setup initdb
# vim /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

DB初期化コマンドを実行した後に、pg_hba.confを編集します。

# If you want to allow non-local connections, you need to add more
# "host" records.  In that case you will also need to make PostgreSQL
# listen on a non-local interface via the listen_addresses
# configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.
host    redmine         redmine         127.0.0.1/32            md5       #追記
host    redmine         redmine         ::1/128                 md5            #追記

コメントアウトされた部分のすぐ下に追記をしておきます。

# systemctl start postgresql
# systemctl enable postgresql
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql.service → /usr/lib/systemd/system/postgresql.service.
# sudo -u postgres createuser -P redmine
# sudo -u postgres createdb -E UTF-8 -O redmine -T template0 redmine

postgresqlを起動し、ユーザとデータベースを新規作成します。

Redmineインストール

# cd /opt/
# wget https://www.redmine.org/releases/redmine-4.0.6.tar.gz
# tar zxvf redmine-4.0.6.tar.gz
# mv redmine-4.0.6 /var/lib/redmine
# cd /var/lib/redmine

Redmineのパッケージをダウンロードします。
後の作業を考えて、ディレクトリ名を変えておきます。

# vim config/database.yml
---
production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: "<dbpassword>"
  encode: utf8
---

DBの接続情報を設定しておきます。

# bundle install --without development test rmagick --path vendor/bundle
# bundle exec rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
# RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data
# gem install passenger -v 5.1.12 --no-doc
# passenger-install-apache2-module --auto --languages ruby

アプリケーションをデプロイします。

httpdへの設定

# vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
---
DocumentRoot "/var/lib/redmine/public"  # 書き換える
---

httpdの設定ファイルを編集します。

# passenger-install-apache2-module --snippet
# vim /etc/httpd/conf.d/redmine.conf
---

  Require all granted

## passenger-install-apache2-moduleコマンドで出力された結果を書き込む ##
---
# systemctl restart httpd
# systemctl enable httpd

--snippetで出力された結果を/etc/httpd/conf.d/redmine.confとして保存しておきます。
保存できたらhttpdを再起動しておきましょう。

動作確認


Redmineを立ち上げたサーバにIPアドレスでアクセスしましょう。
画像のようにトップページが出力されていれば、構築作業完了です。

-CentOS 8, Redmine
-,

© 2020 サーバ構築.net Powered by AFFINGER5